スクリーンショット画像に赤い枠をつけたい

スクリーンショット画像をとって、強調したい箇所を赤い枠線で囲いたい場合がある。簡単にできる方法を備忘録として残しておこう。

ScreenPresso

スクリーンショット用のアプリを入れるならScreenPressoがオススメ。

このソフト1本で、スクリーンショット撮影から赤い枠の表示、指定範囲のモザイク、矢印、テキスト入力とやりたいことが全部できてしまう優れもの。操作も直観的でわかりやすい。PrtScnキーを押してスクリーンショットを撮りたい範囲を選択。画像の編集は画像をダブルクリックか編集ボタンを押せばよい。

・ScreenPressoで作成した画面↓

ScreenPresso
さてさて、こんなに便利なツールがあるのだが、原始的な方法も紹介したい。

Windowsの機能+WORD(Windows10の場合)

Windows10の場合だが、SHIFTキー+Windowsキー+Sを同時押しすると、範囲指定でスクリーンショットをとることができる。このとき画像はクリップボードに保存されるので、WORDを立ち上げてペースト(CTRL+V)しよう。あとはWORDの機能を使って、[挿入]→[図形]→[四角形]で赤い枠をつけたい箇所に四角形を描く。描いた四角形を右クリックして[図形の書式設定]を選んで[塗りつぶし]を「塗りつぶしなし」に、線の色を(ここでは)赤にしよう。これで画像の強調したい箇所に赤い枠をつけることができた。さらに、矢印とテキストBOXを追加してひとまずWORDは終わりだが、ここで再度スクリーンショットをとり、PAINTにでも貼り付けて画像を保存しなければならない。

・Windowsの機能+WORDで作成した画面↓

Windowsの機能+WORD

 

 

2つの方法を紹介したが、特にこだわりがなければScreenPressoで十分だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました